末期がん患者にVRケア

一日でもいいから自宅に帰りたい。ふるさとをもう一度訪れたい-。終末期のがん患者の願いをかなえるため、兵庫県芦屋市朝日ケ丘町の市立芦屋病院の緩和ケア病棟で、仮想現実(VR)の装置が活用されている。患者は病室にいながら外出を疑似体験でき、気分の落ち込みが改善するなどの効果が表れているという。2017年度から大阪大大学院薬学研究科と共同で取り組み、5月末にはドイツで開かれたヨーロッパ緩和ケア学会で発表した。(中島摩子)


(出典:神戸新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000009-kobenext-sctch


#VR #バーチャルリアリティ #医療 #メディカル #日本



© 2018 Exponential Japan Inc. & Kazunori Saito